過去のセミナー
How to 看護管理

看護管理者は、看護師にとって、患者・家族にとって、組織(病院)にとって、いずれの管理指標も満たせるように管理をしなければならない。そのために必要な看護管理者の資質や知識などと併せて具体的な管理の方法について実践的な見地から学びを深め、今まで見えていなかった問題点に気付き管理が楽しめるようになります。
いま現在困っていることや悩んでいることの解決や解決に向けた糸口をこの研修で見つけることができます。

開催日 2013年8月24日(土) 10:00〜16:00 参加費 10,500円(税込)
会場 モードプランニングジャパン本社 定員 13名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - このセミナーは終了いたしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

受講者の声を見る
講師 野中廣志

野中 廣志先生

2008年(平成20年)現独立行政法人国立病院機構災害医療センター看護部長。2010年(平成22年)現独立行政法人国立病院機構東京医療センター看護部長。現在、株式会社モード・プランニング・ジャパンエグゼクティブオフィサー。

地震災害に備える

これから何十年かのうちには発生すると言われる南海トラフを震源とした駿河湾から日向灘に至る東海・南海の連動型の巨大地震の発生が切迫性を帯びてきた。死傷者、およそ96万人、経済被害200兆円という一年間の国家予算に匹敵する被害試算がだされている。
看護師は、こうした事態にどう備えておけばよいのか。災害時の基本的な対応について学び災害時にそなえましょう。

開催日 2013年8月17日(土) 10:00〜16:00 参加費 10,500円(税込)
会場 モードプランニングジャパン本社 定員 13名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - このセミナーは終了いたしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

受講者の声を見る
講師 野中廣志

野中 廣志先生

2008年(平成20年)現独立行政法人国立病院機構災害医療センター看護部長。2010年(平成22年)現独立行政法人国立病院機構東京医療センター看護部長。現在、株式会社モード・プランニング・ジャパンエグゼクティブオフィサー。

看護のなぜ・何を指導に活かす

ふだん行っている看護のすべてにその必要性がある。そしてそこには根拠がある。健康な時には見えないさまざまな病気の状態によって、しなければいけないこと、してはいけないことも発生する。そのことを理解して看護を行うのとそうでない場合とでは看護の充実感や達成感が違ってくる。
根拠があるから看護を行えると言っても過言ではない。この研修でさらに根拠を増やしてすべての人に信頼してもらえる看護師を目指しましょう。

開催日 2013年8月10日(土) 10:00〜16:00 参加費 10,500円(税込)
会場 モードプランニングジャパン本社 定員 13名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - このセミナーは終了いたしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

受講者の声を見る
講師 野中廣志

野中 廣志先生

2008年(平成20年)現独立行政法人国立病院機構災害医療センター看護部長。2010年(平成22年)現独立行政法人国立病院機構東京医療センター看護部長。現在、株式会社モード・プランニング・ジャパンエグゼクティブオフィサー。

How to 看護管理

看護管理者は、看護師にとって、患者・家族にとって、組織(病院)にとって、いずれの管理指標も満たせるように管理をしなければならない。そのために必要な看護管理者の資質や知識などと併せて具体的な管理の方法について実践的な見地から学びを深め、今まで見えていなかった問題点に気付き管理が楽しめるようになります。
いま現在困っていることや悩んでいることの解決や解決に向けた糸口をこの研修で見つけることができます。

開催日 2013年8月3日(土) 10:00〜16:00 参加費 10,500円(税込)
会場 モードプランニングジャパン本社 定員 13名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - このセミナーは終了いたしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

受講者の声を見る
講師 野中廣志

野中 廣志先生

2008年(平成20年)現独立行政法人国立病院機構災害医療センター看護部長。2010年(平成22年)現独立行政法人国立病院機構東京医療センター看護部長。現在、株式会社モード・プランニング・ジャパンエグゼクティブオフィサー。

地震災害に備える

これから何十年かのうちには発生すると言われる南海トラフを震源とした駿河湾から日向灘に至る東海・南海の連動型の巨大地震の発生が切迫性を帯びてきた。死傷者、およそ96万人、経済被害200兆円という一年間の国家予算に匹敵する被害試算がだされている。
看護師は、こうした事態にどう備えておけばよいのか。災害時の基本的な対応について学び災害時にそなえましょう。

開催日 2013年7月27日(土) 10:00〜16:00 参加費 10,500円(税込)
会場 モードプランニングジャパン本社 定員 13名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - このセミナーは終了いたしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

受講者の声を見る
講師 野中廣志

野中 廣志先生

2008年(平成20年)現独立行政法人国立病院機構災害医療センター看護部長。2010年(平成22年)現独立行政法人国立病院機構東京医療センター看護部長。現在、株式会社モード・プランニング・ジャパンエグゼクティブオフィサー。

看護のなぜ・何を指導に活かす

ふだん行っている看護のすべてにその必要性がある。そしてそこには根拠がある。健康な時には見えないさまざまな病気の状態によって、しなければいけないこと、してはいけないことも発生する。そのことを理解して看護を行うのとそうでない場合とでは看護の充実感や達成感が違ってくる。
根拠があるから看護を行えると言っても過言ではない。この研修でさらに根拠を増やしてすべての人に信頼してもらえる看護師を目指しましょう。

開催日 2013年7月20日(土) 10:00〜16:00 参加費 10,500円(税込)
会場 モードプランニングジャパン本社 定員 13名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - このセミナーは終了いたしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

受講者の声を見る
講師 野中廣志

野中 廣志先生

2008年(平成20年)現独立行政法人国立病院機構災害医療センター看護部長。2010年(平成22年)現独立行政法人国立病院機構東京医療センター看護部長。現在、株式会社モード・プランニング・ジャパンエグゼクティブオフィサー。

看護記録力を高めて、記録時間の短縮を目指す記録改善の具体策

・質の高い看護記録とはどのように書かれているのか知りたい。
・様々な監査やカルテ開示などに耐えられるのか、今のままでは不安。
・記録に時間がかかり過ぎて毎日記録残業の状態は問題。
ナース大学では自病院の例を紹介しながらなるべく具体的に、そして皆さんの質問を直接お受けしてお応えしたいと考えております。

開催日 2012年11月17日(土) 10:00〜16:00 参加費 10,500円(税込)
会場 田町グランパーク 東京都港区芝浦3-4-1 定員 120名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - このセミナーは終了いたしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

受講者の声を見る
講師 本田みき子先生

本田 みき子先生

1999年東京厚生年金病院に戻り看護師長として病棟管理、また記録委員会、看護研究委員会などの委員長を務める。2007年に看護部長となり、現在に至る。

看護の知の共有〜だから看護はおもしろい

めまぐるしく変化している医療・看護の現場で、あなたは何を拠り所に看護をしているのだろうか。看護の存在意義や専門性、経験の意味付けなど大切なことを置き去りにしていないだろうか。
ナース大学セミナーでは「経験学習」をキーワードに、「心に残る体験」を想起しながらリフレクションを通して言語化していくことで、私の「大切にしている看護」「こだわりの看護」を改めて考える機会としたい。

開催日 2012年11月11日(日) 10:00〜16:00 開催日 10,500円(税込)
会場 秋葉原UDX 東京都千代田区外神田4-14-1 定員 120名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - このセミナーは終了いたしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

受講者の声を見る
講師 上谷いつ子先生

上谷 いつ子先生

聖マリアンナ医科大学 執行役員、統括看護部長、ナースサポートセンター長。2006年副院長兼務、2011年4月4病院の統括看護部長として聖マリアンナ医科大学ナースサポートセンター長就任。

クリティカルケア講座

クリティカルケア領域に初めて足を踏み入れた方、クリティカルケア領域で勤務しているけれど基礎を今一度見直したい方向けの内容です。
ナース大学の本セミナーでは重症患者の血液ガス分析の見方、重症患者の循環動態モニタリング、重症患者の水、体液バランスの考え方重症患者に起こりうる合併症の予防(鎮静管理やせん妄のスクリーニングも含む)に関して概説します。

開催日 2012年11月11日(日) 10:00〜16:00 開催日 10,500円(税込)
会場 秋葉原UDX 東京都千代田区外神田4-14-1 定員 120名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - このセミナーは終了いたしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

受講者の声を見る
講師 卯野木健先生

卯野木 健先生

現在は、聖路加看護大学助教、同大学准教授を経て2011年4月より筑波大学附属病院看護師長、6月より同副看護部長、急性期領域質管理・研究担当。

災害・地震に備えよう!

患者の生命を守る看護の現場で地震が発生したら、どのような行動をしたらよいのか、災害の原則や減災に必要な知識、患者受け入れ時のトリアージの知識、災害対応に必要な看護ケアの知識、普段の取り組みについてなど、実際の体験を元に研修を展開する。
災害の原則(CSCATTT)、ライフラインが途絶えた時の対応、トリアージについて、アクションカードとは、知っておきたい病院の設備などを中心に研修を展開する。

開催日 2012年10月21日(日) 10:00〜16:00 開催日 10,500円(税込)
会場 田町グランパーク 東京都港区芝浦3-4-1 定員 120名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - このセミナーは終了いたしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

受講者の声を見る
講師 野中廣志先生

野中 廣志先生

2008年(平成20年)現独立行政法人国立病院機構災害医療センター看護部長。2010年(平成22年)現独立行政法人国立病院機構東京医療センター看護部長。

看護の本質・再考

看護師が看護の実践を行うにあたって、一人ひとりが異なる「看護観」に沿った言動をとるとすれば、それはある場合には看護になるかもしれないが、ある場合には看護にならないかもしれない。
こうした実践は、看護現場に混乱をもたらし、看護の独自性を阻害することがある。そこで今回ナース大学では、看護の本質・原理を土台として、時代や国や個々人が異なっても、一貫して変わらないものの見方を提示する。

開催日 2012年10月14日(日) 10:00〜16:00 開催日 10,500円(税込)
会場 田町グランパーク 東京都港区芝浦3-4-1 定員 120名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - このセミナーは終了いたしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

受講者の声を見る
講師 金井一薫先生

金井 一薫先生

現在は、ナイチンゲール思想研究、現代ケア論としてのKOMIケア理論の構築、ケア実践方法論の構築およびシステム開発を行っている。

忘れもの、必ず届けます・・・

80歳の認知症のおばあさんが上腕骨折で緊急入院をしました。
病棟ではその緊急入院の連絡を受け、「変な人が入ってくる」と反応をしながら、上腕骨折のクリティカルパスを準備し、パスに従って看護が展開されていきます。ところがその通りに進まないのです・・・。
今回、ナース大学では認知症者を病気としてアセスメントすることの重要性を伝え、また認知症者の生活リズムを整えるスキルとしてのフットケアを演習していきます。

開催日 2012年9月30日(日) 10:00〜16:00 開催日 10,500円(税込)
会場 田町グランパーク 東京都港区芝浦3-4-1 定員 120名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - このセミナーは終了いたしました - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

受講者の声を見る
講師

六角 僚子先生

現在、特定非営利法人認知症ケア研究所代表理事を務める。長年積み重ねた現場での経験から生まれた、根拠に基づいた教育や指導が多くのケア提供者から高い支持を受けている。

pagetopへ