ナース大学トップ  >>  野中廣志先生セミナー詳細:地震災害に備える
地震災害に備える

セミナーテーマ・内容

これから何十年かのうちには発生すると言われる南海トラフを震源とした駿河湾から日向灘に至る東海・南海の連動型の巨大地震の発生が切迫性を帯びてきた。死傷者、およそ96万人、経済被害200兆円という一年間の国家予算に匹敵する被害試算がだされている。
看護師は、こうした事態にどう備えておけばよいのか。災害時の基本的な対応について学び災害時にそなえましょう。

【運営事務局より】
震源地に近い地震は、いきなりの大きな激しい揺れに襲われます。そのときあなたは医療従事者の役割を果たせますか?地震への備えを学ぶセミナーです。


講師:野中 廣志 先生

独立行政法人国立病院機構 東京医療センター看護部長。
1975年現国立国際医療センター国府台病院附属看護学校卒業。
1975年国立国際医療センター国府台病院就職。1985年(昭和60年)現独立行政法人国立病院機構千葉医療センター看護師長。1998年(平成10年)現独立行政法人国立病院機構千葉東病院副看護部長。2000年(平成12年)現独立行政法人国立病院機構相模原病院副看護部長。2002年(平成14年)現独立行政法人国立病院機構東京医療センター副看護部長。2005年(平成17年)現独立行政法人国立病院機構新潟病院看護部長。2008年(平成20年)現独立行政法人国立病院機構災害医療センター看護部長。2010年(平成22年)現独立行政法人国立病院機構東京医療センター看護部長。
2013年、株式会社モード・プランニング・ジャパンエグゼクティブオフィサー就任。

講師野中廣志

野中 廣志先生

開催日・会場・定員

開催日 2013年8月17日(土)
開催時間 10:00〜16:00
対象 副看護師長・主任看護師
参加費 10,500円(税込)
会場 モードプランニングジャパン本社
定員 13名


講演内容

9:30〜9:55 開場・受付
10:00〜10:05 開会(挨拶)
10:00〜11:20 1.地震災害とは
2.災害の原則など備えに必要な知識や物
3.災害時の看護師の役割

担当講師 : 野中 廣志 先生
11:20〜11:30 休憩
11:30〜12:30 4.トリアージとは(演習を含む)

担当講師 : 野中 廣志 先生
12:30〜13:30 昼食休憩
13:30〜14:20 5.アクションカードとは
6.アクションカードの作成

担当講師 : 野中 廣志 先生
14:20〜14:30 休憩
14:30〜15:55 6.(引き続き)アクションカードの作成

担当講師 : 野中 廣志 先生
15:55〜16:00 アンケート記入・閉会のあいさつ

※進行状況によりスケジュールを変更する場合があります


受講者の声

■ 看護師 (30代)

受講者の声看護師(30代)

■ 看護師 (40代)

受講者の声看護師(40代)

■ 看護師 (40代)

受講者の声看護師(40代)

■ 看護師 (30代)

受講者の声看護師(30代)


pagetopへ