ナース大学トップ  >>  過去のセミナー  >>  セミナー詳細:六角 僚子 先生
忘れもの、必ず届けます・・・

セミナーテーマ・内容

80歳の認知症のおばあさんが上腕骨折で緊急入院をしました。病棟では認知症者が緊急入院するという情報を受け、「変な人が入ってくる」と反応をしながら、上腕骨折のクリティカルパスを準備します。そしてパスに従って看護が展開されていきます。ところがパス通りに進まないのです。おばあさんは骨折した出来事すら忘れ、「早く家に帰りたい」「息子を呼んで!」と叫びます、動きます。そして「抑制帯」の貸し出し申請書が看護師によって出されました。看護師たちは、今緊急な事態を解決するために走っています。認知症という病気は落としながら…
今回は認知症者を病気としてアセスメントしていくことの重要性を伝え、また認知症者の生活リズムを整えるスキルとしてのフットケアを演習していきたいと思います。


講師:六角 僚子 先生

東京工科大学医療保健学部看護学科教授 人間科学博士(Ph.D)、高齢者看護学、看護師、保健師、介護支援専門員。
聖路加看護大学衛生看護学部卒業、常磐大学大学院人間科学研究科人間科学専攻博士後期課程修了。
現在、特定非営利法人認知症ケア研究所代表理事も務め、長年積み重ねた現場での経験から生まれた、根拠に基づいた教育や指導が多くのケア提供者から高い支持を受けている。

講師六角 僚子

六角 僚子先生

開催日・会場・定員

開催日 2012年9月30日(日)
開催時間 10:00〜16:00
参加費 10,500円(税込)
会場 田町グランパーク 東京都港区芝浦3-4-1
定員 120名


講演内容

9:30〜9:55 開場・受付
9:55〜10:00 オリエンテーション
10:00〜11:30 講義1 : 「認知症を病気として理解する」

担当講師 : 六角 僚子 先生
11:30〜11:40 休憩
11:40〜12:40 講義2 : 「4大疾患の理解とケア」

担当講師 : 六角 僚子 先生
12:40〜13:40 昼食休憩
13:40〜14:15 講義3 : 「認知症患者の生活を守るケア」

担当講師 : 六角 僚子 先生
14:15〜14:30 休憩
14:30〜16:00 講義4 : 「フットケア」

担当講師 : 六角 僚子 先生
※フェイスタオルと保湿クリームをご持参下さい。

※進行状況によりスケジュールを変更する場合があります



受講者の声

■ 看護師 (30代)

受講者の声看護師 (30代)

■ 看護師 (40代)

受講者の声看護師 (40代)

■ 看護師 (50代)

受講者の声看護師 (50代)

■ 看護師 (30代)

受講者の声看護師 (30代)

■ 看護師 (50代)

受講者の声看護師 (50代)
pagetopへ