措置入院解除後に、継続支援する体制整備を


2016年9月14日、神奈川県相模原市の障害者支援施設で入所者多数が殺傷された事件を受け、事件の検証や再発防止に向けた議論などをしてきた厚生労働省の検討チーム(精神科医療の専門家や障害者支援団体の代表者、関係省庁や自治体の担当者で構成)は、これまでの検証結果や検討課題などを中間取りまとめとして公表した。
 

中間取りまとめでは、今回の事案は、北里大東病院の精神保健指定医(指定医)が容疑者の状態を大麻の使用によって抑制が利かなくなる「脱抑制」と診断した。しかし、入院中に薬物の再使用を防ぐための治療プログラムといった対応の検討が十分に行われなかった。こうした対応を踏まえ、措置入院中の検討課題として、綿密な診断と治療内容、患者の社会復帰に向けた治療プログラムの提供などを挙げた。また、医療保護入院における「退院促進措置」を参考に、患者の措置入院中に退院支援のための中心的な役割を果たす「退院後生活環境相談員」の選任や、多職種による退院支援委員会の開催といった制度的な対応を検討すべきとした。
 

また、東病院は容疑者による薬物の再使用の防止に向けた退院後の支援について検討しなかった。患者が入院を続けなくても自傷他害の恐れがないと指定医が判断した場合、病院管理者が都道府県知事や政令市長に届ける「症状消退届」にも、具体的な支援策を記載しないまま相模原市に提出していたという。
 

さらに、届け出を受けた相模原市は、症状消退届の内容を十分に確認しなかった上、退院後の医療支援などを検討せずに措置入院を解除したことも分かった。
 

このため中間取りまとめでは、東病院と相模原市の措置入院の解除時の対応は「現行制度下においても不十分」と指摘。今後は、病院が退院後に必要な医療支援などを検討し、症状消退届で都道府県知事らに確実に伝達すべきとした。
 

また、都道府県知事らに対しては、症状消退届の内容を踏まえて医療支援などの内容や関係機関の役割を確認する必要があるとしたほか、例えば患者が自治体を超えて移動した場合でも、責任主体となる自治体間で、退院後の継続的な支援をする機能を確実に引き継ぐ体制を構築すべきだとした。
 

相模原市の措置入院の解除後の対応では、東病院が容疑者の退院後の外来診療で薬物の再使用を防ぐための指導を行わなかった。さらに容疑者の通院が中断した後に、容疑者の状況を確認していなかったことも判明した。
 

また本来、保健所設置市には退院後の相談指導などを行う義務があるが、相模原市は容疑者が退院後に市外に住むと認識して支援を行わなかった上、個人情報の保護を理由に、退院後に居住するとされていた東京都八王子市に情報を提供しなかった。
 

こうした対応を踏まえ、中間取りまとめでは措置入院の解除後の検討課題として、保健所を設置する自治体が、措置権者である都道府県知事や政令市長から退院後の支援プロセスを確実に引き継ぎ、患者に必要な支援を継続的に実施できる体制の整備を挙げた。また、退院後に通院が必要な場合、患者が通院を中断しない仕組みづくりも検討すべきだとした。
 

このほか、措置入院の解除を受けた患者が他の地域に移動した場合も、継続的に必要な支援が受けられるよう、患者本人の理解を前提に、自治体間で情報提供する体制整備を検討する必要があるとした。
 

事件のあった障害者支援施設では、警察からの連絡を受け、事前に警備体制を強化していた。ただし、警察からの連絡のきっかけとなった容疑者の衆院議長あての手紙の内容については、詳細な連絡を受けていなかった。
 

中間取りまとめでは、手紙の内容が共有されなかったことなどが影響し、緊急時であることの認識が施設側で十分に共有されなかったと指摘。その結果、防犯カメラの常時監視も行われなかったのではないかとしている。
 

こうした状況を踏まえ、中間取りまとめでは、施設の防犯対策に向けて、①職員に対する防犯講習の実施といった所内体制の整備、②施設整備面における安全確保、③不審者情報がある場合の関係機関への連絡体制や想定される危害などに即した警戒体制、④不審者が施設に立ち入った場合の関係機関への連絡・通報体制―といった点検項目を設けることを提案。この点検項目に基づいて、障害者施設や高齢者施設などは対応すべき課題を把握し、「利用者の安全に最大限取り組むことが課題」と指摘している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>