ヘルパンギーナの感染増


国立感染症研究所感染症疫学センターによるヘルパンギーナ(エンテロウイルス群の中のコフサッキーウイルスA群やB群・エコウイルス・エンテロウイルス68型~72型による感染)の状況が、7月15―21日の週は全国約3000か所の小児科定点医療機関当たり2.84人で、11週前の約57倍となっている。

都道府県別では高知(5.87人)が最多で、以下は山形(5.37人)、岡山(4.89人)、群馬(4.68人)、石川(4.59人)、滋賀(4.44人)、徳島(4.43人)、大阪(4.37人)、東京(4.11人)などの順となっている。

東京(町田市:13.13人、荒川区:9.25人、南多摩:7.11人、多摩府中:6.1人)や神奈川(横須賀市:定点医療機関当たり7.2人や裾野、鎌倉の保健福祉事務所管内)で警報レベルに達している。

また埼玉(朝霞保健所管内が2週連続で警報基準値を超えたほか、さいたま市の患者数は前週に比べ1.6倍の4.19人に急増した)など一部の地域でヘルパンギーナの警報基準値(定点医療機関当たり6人)を超過している。

他の自治体でも患者数が増加傾向にある。

ヘルパンギーナは、主に乳幼児や子供を対象として発症しやすいウイルス感染症で、毎年6月下旬あたりから8月中にかけて流行する俗にいう「夏かぜ」と呼ばれる疾患である。2~7日の潜伏期間後、38度以上の発熱や口腔内に水疱が現れる。

2~4日で熱が下がり、7日程度で治癒する。高熱や口腔内の痛みで、食事や水分を十分に取れず、脱水になるほか、熱性けいれんや髄膜炎、心筋炎といった合併症を生じる可能性もある。

患者のせきや、つばなどに含まれるウイルスによって感染する。

「急激な高熱」と「口内炎や水泡」、「咽や口蓋垂の炎症症状」はヘルパンギーナの代表的な3症状である。

予防としては、患者との密接な接触を避ける、手洗いやうがい、マスクを着用する。

■主症状
 1.発熱(38度以上、時には39度~40度近い高熱を発症する)
 2.口内の口内炎・水泡や水泡が破れた後のただれ
 3.喉・口蓋垂の炎症症状
 4.高熱による倦怠感・関節の痛み、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>