日別アーカイブ: 2016年2月12日

リートに対するガイドライン

2015年7月1日、国土交通省が、「病院不動産を対象とするリートに係るガイドライン(病院がリートを活用し、土地や建物を手放して資金調達する場合、契約を結んでその不動産を借り、賃借料を払っていくことになるため、リートと病院の関係者が信頼関係を構築するための取り組みや、関連する医療法の規定などを示している)」を公表したことを受けて厚生労働省は、①賃借料などが医療機関の収入の一定割合でなく、近隣と比べて著しく高額でないことや②契約期間が長期かつ確実なものであること、③契約内容などに関して病院から相談を受けた場合には、都道府県が適切に対応することなど、病院が留意すべきことについて通知を出し、リートを活用して資金調達する病院が留意すべき事項を挙げ、リートの関係者が経営に関与するといったことが起こらないよう、都道府県の担当者に指導を依頼した。

■リートとは
 

投資家や金融機関などから集めた資金で不動産を取得し、その賃料収益などを分配する法人である。